気になる部分から選ぶ

輪郭

アゴが引っ込んでいる、アゴが小さくて顔のバランスが悪い、とがったアゴにしたい

アゴのラインをデザインできるヒアルロン酸注入が有効です。とくにメスを使った施術や、プロテーゼを挿入するのは抵抗があるという方にはお薦めです。引き締まったシャープなアゴも作ることが出来、小顔効果も引き出します。痛みや腫れの心配もなく、術直後からメイクが可能です。

小顔にしたい・エラが張っているのが気になる

ボトックス注射によって咬筋(ものを咬む筋肉)をやせさせる治療が効果的です。通常エラと言うと、下顎骨の後方下の端の角の部分(下顎角)のことを言いますが、人の顔を正面から見た場合にしばしば出っぱって見えるのは、実はこの咬筋のふくらみです。ボトックスの作用により、この咬筋は効果的にやせますので、アゴのラインが細くなってエラが消えたようになります。

昔に比べて顔の輪郭が丸みを帯びてきた、輪郭をはっきりさせたい

切らないフェイスリフトであるハッピーリフトや、フェイスリフト手術をお勧めします。ホホからアゴの部分のたるみを引き上げることにより、アゴのラインをシャープにすることができます。

診療メニューを確認する

ヒアルロン酸注入
ヒアルロン酸注入
オトガイ部(アゴ)形成ヒアルロン酸注入法は、アゴのラインをデザインすることによって理想的な顔のバランス、<Eライン>に近づけます。引き締まったシャープなアゴも作ることが出来、小顔効果も引き出します。痛みや腫れの心配もなく、術直後からメイクが可能です。
詳細はこちら
ボトックス注射
 
エラボトックス・小顔ボトックス注射は、ものを噛むエラの筋肉(咬筋)が必要以上に発達しすぎてしまったエラ張り顔・ホームベース顔を小顔に変身するための、プチ整形術です。筋肉を萎縮させる作用を持つボトックスという薬剤をエラ張り原因となるエラの筋肉に直接注入することで、筋肉が痩せて徐々にシャープなフェイスラインを作り上げていきます。
詳細はこちら
切らないフェイスリフト
 
頬からあごにかけてのたるみを、太さ1mm以下の細い糸を皮下に埋め込んで引き上げます。埋め込んだ糸は、体内で分解され、最終的には吸収されてしまうため、安全性は非常に高くなっています。
詳細はこちら
フェイスリフト(頬リフト)
 
耳の前から耳たぶの下にかけて皮膚を切開し、皮下筋膜を縫合して引き上げ、同時にたるんだ分の皮膚を切り取って皮膚も引き上げます。これにより、口もとからアゴのラインにかけてのたるみが効果的に引き締まります。紀尾井町プラザクリニックのリフト手術は、最小限の傷口で行いますので、術後の腫れがほとんどなく、2-3日でお仕事に復帰することも可能です。
詳細はこちら