どんな症状・お悩みですか?

身体/毛髪 男性のお悩み

男性更年期(LOH症後群)外来

男性にも更年期はあります。年だからといって放っておいても改善しません。

「最近調子が悪い」「何事にもやる気がでない」「朝おきられない」「疲れやすい」「性能力の衰え」など

病院に行っても原因がわからず悩んでいる男性患者様が多数存在します。こうした症状は単に「年のせい」ではなく、「男性ホルモンの低下」が原因に なっている場合があります。「男性ホルモン(テストステロン)の低下」で起こる症状を「LOI症候群」と名付けています。

年だからといって放っておいても症状は改善しません。豊富なメニューから症状・目的にあった治療法を提案いたします。

このような不調を感じたことはありませんか?

大学病院専門医-担当医の所見

医師:松山 淳

症状は様々で、「身体機能的」には性欲の低下や勃起障害、「精神・心理症状」には、ほてり・のぼせ、などがあります。さらに加齢が喫煙、飲酒、ストレス、運動不足によって体がどんどん酸化し体の気脳が錆びついてきます。

ご自身・ご家族に不安を感じたらいつでもご連絡下さい。
当院では原因を明確化し根本から解決します。
医科・歯科の総合的な視点から最適な治療をご提案いたします

松山 淳

松山 淳
社)国際抗老化再生医療学会理事長
日本臨床医学発毛協会会長
日本臨床抗医学会理事長
日本統合医学会評議員
A4M米国抗老化医学会学術顧問
ESAAM欧州抗老化医学会学術顧問

男性更年期専門サイトへ


トップに
戻る