気になる部分から選ぶ

メディカルダイエット

人は食べたい欲求を抑えることに苦労します。メディカルダイエットは内服薬によって食べたいという欲求を中枢で押さえ、食べる量を減らしたり、食物の中に含まれる脂肪分を体の中に吸収させずに便とともに出して、体重を落としていきます。 治療には内服薬のサノレックス、ゼニカルを用います。

食欲抑制剤(サノレックス)

食欲にかかわる神経に働きかけて食欲を抑えた満腹中枢神経を刺激して空腹感を少なくする治療薬です。また体の消費エネルギーを促進したり、代謝を良くすることで、体重を減らします。副作用として口の渇き、便秘、吐き気などが出る可能性がありますが、正しい使用法と適切な指導を受けていれば、重大な問題になる心配はありません。投与期間は3ヵ月を目安としてメディカルチェックを行いながら我慢することなく計画的におこなえます。

脂肪吸収抑制剤(ゼニカル)

腸での脂肪吸収をブロックする治療法です。食欲を抑制するのではないので、全身的な副作用はほとんどないといえます。ただ油をとった分、お手洗いに行くと油が出てきますので、不意におならが出たり、下痢気味になったりの症状がでてきます。脂肪は炭水化物、タンパク質より高カロリーですので、ダイエット効果はかなり高いといえます。厳密なダイエット食よりも自分の食生活にあったダイエットが可能になります。

診療メニューを確認する

内服治療
 
処方方法は治療内容によりさまざまです。内服のみの治療の場合もありますが、他の治療法との組み合わせをすることで、治療効果を高めることもあります。
詳細はこちら