診療内容

NAD+点滴療法 Nicotinamide Adenine Dinucleotide

“NMN”のその先へ。
今話題の若返り・認知症予防・健康維持に期待されている究極の物質「NAD+」

NAD+点滴療法

NAD+とは

NAD+(エヌエーディープラス)の正式名称は「ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」と呼ばれる成分で、体内で作られる物質です。
NAD+は重要なエイジングケア分子の一つで、様々な代謝細胞プロセスやDNA修復などの重要な身体機能に関与している重要な補酵素であり、「若返り」「認知症予防」「健康維持」などに多くの重要な役割を果たしています。

近年多くの研究データによりNAD+の欠乏が様々な病気や老化を引き起こすことが示唆されており、近年では加齢に伴う身体の衰え(=老化現象)をNAD+の補充によって改善できる可能性が報告されています。

NAD+は全ての生き物の体内に存在し、若さと健康維持に影響を与えていますが、10代後半をピークに減少していきます。さらに40代になるとピーク時の半分まで減少してしまうことで、若々しさが失われてしまいます。

そのため、体内のNAD+濃度を上げる方法として、NAD+を点滴で直接体内に取り込むNAD+点滴療法が有効です。

「NAD+」と「NMN」の違い

NAD+点滴と近い働き・効果のあるものとしてNMN点滴が挙げられます。

NMNは体内に取り入れられると、NAD+に変換されます。NAD+点滴はこの代謝工程がなく、直接体内にNAD+を取り込むことができるため、海外の報告ではNAD+点滴のほうがNMN点滴より体感を得やすいというデータがあります。
(NMNについての詳細は「NMN点滴療法」をご覧ください。)

日本では最近、若返りの点滴として「NMN点滴療法」が話題になっていますが、アメリカでは NMNが体内で変換されるNAD+自体を点滴で投与する「NAD+点滴療法」が普及しています。NAD+自体を点滴により直接血管内に摂取することで、体内においてより効率的なNAD+の上昇による若返り効果を期待することができます。

NAD+点滴とNMN点滴の使い分けがおすすめ

現在アメリカではNAD+点滴がNMN点滴より一般的で、意識の高い健康な人達がパフォーマンスアップの目的や、認知症・病気・老化の予防として定期的に投与しています。NMN点滴との併用も効果的なことから

脳から効果を直感したい方はNAD+点滴

全身から効果を体感したい方はNMN点滴

といったようにその日のご自身の体調や、求める効果・効能でNAD+点滴とNMN点滴を使い分けている方も多いようです。

〈その日の体調やご気分により点滴の種類をお選びいただいても良いでしょう。〉

期待される作用・効果

  • 慢性疲労の回復
  • 老化の予防と長寿
  • 認知症の予防
  • 認知機能・記憶力の向上
  • うつ症状の軽減による気分の向上
  • 炎症や痛みの軽減
  • 運動能力の向上
  • 筋肉機能の回復 
  • 心臓血管機能の回復
  • 肝機能・腎機能の回復 
  • 睡眠と覚醒のサイクル調節による睡眠の質の向上
  • 体重の増加防止による体重管理の補助
  • しわの減少や肌質の改善

こんな方におすすめ

  • 身体の内面から若返りたい
  • 認知症を予防したい
  • 病気を予防し長生きしたい
  • 慢性疲労を改善したい
  • よく眠れない
  • 頭をスッキリさせたい
  • 集中力を高めたい
  • 気分を上げたい
  • 筋力をつけて運動能力を高めたい
  • 代謝を上げて体重を落としたい
  • 関節痛や神経痛などの痛みを軽減したい
  • 美肌になりたい

治療の流れ

STEP1 カウンセリング

患者様のアレルギーなどの問診をいたします。

STEP2 点滴

NAD+が配合された製剤を左右どちらかの腕に点滴します。
所要時間は250mgで2〜3時間、500mgで3〜4時間かかります。点滴の最中は読書をしたり、携帯電話を操作することも可能です。仰向けでも座位でも楽な状態で過ごしていただけますのでお申し付けください。

STEP3 抜針

抜針し、止血して終了です。

治療の目安

NAD+点滴により摂取した成分は、通常2~3週間体内に留まるため、2週間~1ヶ月に一回250~500mgを投与するのが理想です。また、疲労や症状があるときにNAD+点滴を受ける方もいます。

NAD+点滴療法の料金

表は左右にスワイプしてご覧ください。

(税込価格・自由診療)

内容 料金 備考
NAD+点滴250mg 初回トライアル 88,000円 所要時間 約2〜3時間
  1回 99,000円  
  ペア割 154,000円 ひとりあたり77,000円
NAD+点滴500mg 1回 110,000円  所要時間 約3~4時間

注意事項

下記にあてはまる方は症状や体調により医師の判断でお断りをする場合があります。

  • 現在治療中の疾患がある方
  • アレルギー疾患をお持ちの方
  • 薬剤アレルギーがある方
  • 安全性を考慮して妊娠中・授乳中の方はご遠慮いただいております。
  • がん治療を受けられている方(全摘されている方は治療可能ですが、主治医との相談が必要となりますので予めご了承ください。)

予想される副作用・リスク

注射した部位の血管痛や熱感、赤み、発疹、掻痒感などの症状が現れる場合がございます。治療後1~2日で消退しますが、もし不安な場合はご相談ください。

点滴時に一時的な胸の閉塞感、頭痛、息切れが起きる場合がありますが、点滴の速度を遅くすることですぐ解消します。

点滴後に便秘、血漿ビリルビンの増加、Yグルタミン酸トランスフェラーゼ、乳酸脱水素酵素、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼのレベル低下が起きることがあります。

未承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示

本治療に用いる未承認医薬品等は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適切な輸入許可を得ています。日本では、未承認医療機器を、患者様の同意を得て、医師の責任において使用することができます。未承認医療機器について、厚生労働省ホームページに掲載された「個人輸入において注意すべき医薬品等について」もご覧ください。

国内の承認医薬品等の有無の明示

本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医薬品はありません。

諸外国における安全性等に係る情報の明示

主要な欧米各国で承認されている国はありませんが、NAD+の前駆体であるNMNはワシントン大学医学部を始めとして、臨床試験(二重盲検無作為化試験)が開始されています。日本は、慶応大学医学部のグループが臨床試験を行い、ヒトに安全に投与可能であると結論付けています。近年NAD+に関する多くの研究が発表され、欧米諸国ではNAD+点滴療法が行われていますが、現時点では重大な副作用の報告はありません。

取材協力・情報提供

「THE RAKE」日本版WEB

「THE RAKE」日本版WEB

2022年9月3日


トップに
戻る