気になる部分から選ぶ

毛穴の開き(毛孔開大)  毛穴の黒ずみ

毛穴の開き(毛孔開大)には、毛穴への皮脂と角質のつまりによるものと毛穴周囲の皮膚のたるみによるものがあります。
皮脂のつまりによる毛穴の開きは、比較的若い方に多くみられます。鼻は皮脂の分泌が盛んで、毛穴につまった皮脂と汚れが酸化して毛穴の黒ずみを生じやすい場所です。東大方式トレチノイン療法ケミカルピーリング、ホームケア(VC lotion AHA gel)による皮脂と角質のコントロールが有効です。
毛穴周囲の皮膚のたるみによるものは、市販されているパックなどで改善することはかなり難しく、前述の治療に加えフォトフェイシャル(IPL光治療)イオン導入(ビタミンC)によって毛穴周囲の真皮でコラーゲンの新生を促し、皮膚のたるみを解消していくことによってはじめて、治療することができます。

診療メニューを確認する

東大方式トレチノイン治療
 
ビタミンAの誘導体であるトレチノインは、表皮・角質のターンオーバーを促し、表皮内に存在するしみのもととなっているメラニン色素を排出させます。
詳細はこちら
ケミカルピーリング
 
ケミカルピーリングとは酸など皮膚に障害を与える薬剤を使って、皮膚の角質や表皮、さらには真皮までをも化学的に溶かして、新しい皮膚の再生を促す方法です。
詳細はこちら
フォトフェイシャル(IPL光治療)
フォトフェイシャル(IPL光治療)
カメラのフラッシュのような光、IPL(Intense Pulsed Light)を顔面全体に照射して、さまざまなスキントラブルを改善する画期的な治療法です。
詳細はこちら
イオン導入
超音波
イオン導入法は、微弱な電流を用いて、ビタミンC誘導体などの有効成分を短時間に無痛で皮膚の深部(真皮層)まで浸透させることが出来る治療法です。
詳細はこちら