気になる部分から選ぶ

あざ

あざとは、遺伝や体質に基づいてできる皮膚の形や色の異常です。たくさんの種類があり、その形や色はさまざまです。生まれたときにすでにあるものだけではなく、生まれてしばらくたってから目立ってくるものや、思春期や大人になってからはじめて出てくるあざもあります。
青色のあざには、太田母斑、異所性蒙古斑などがあり、茶色のあざには、扁平母斑、ベッカー母斑などがあります。これらはいずれも、メラニンという私たちの体の皮膚の色を作っている色素が、皮膚の深い層(太田母斑、異所性蒙古斑)や、表皮(角質)の下の浅い層(扁平母斑、ベッカー母斑)で、増加して沈着したために生じたあざです。これらとは別に、表皮母斑や脂漏性角化症などイボのように皮膚から隆起したあざもあります。治療はルビーレーザー治療炭酸ガスレーザー治療などで行います。

診療メニューを確認する

ルビーレーザー
ルビーレーザー
メラニン色素に対する吸収率が高いレーザーを使用し、しみの色みのもととなっているメラニンを破壊します。
詳細はこちら
炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザー
傷あとの縁、周りの正常の皮膚との境目を、炭酸ガスレーザーで処理し、くっきりした境目をぼかして目立たなくさせます。体の部位によって、効果の期待できる部分とできない部分とがありますので、専門医にご相談下さい。
詳細はこちら