「最近調子が悪い」「何事にもやる気がでない」「朝起きられない」「疲れやすい」「性的能力の衰え」など
病院に行っても原因がわからず、悩んでいる男性患者様が多数存在します。
こうした症状は、単に「年のせい」ではなく、「男性ホルモンの低下」が原因になっている場合があります。
「男性ホルモン(テストステロン)の低下」で起こる症状を「LOH症候群」(加齢男性性腺機能低下症候群)と名付けています。
年だからといって放っておいても症状は改善しません。
症状が進むにつれて認知機能や身体機能が低下し、うつ、メタボ、骨折、生活習慣病のリスクが高まるともいわれています。

最大の原因は男性ホルモンの減少
最大の原因は男性ホルモンの減少
男性ホルモンであるテストステロンは加齢に伴って低下致します。
(グラフ参照20代をピークに男性ホルモンが下がっていくのがわかります)

男性ホルモン(テストステロン)は、男性力を高める重要な役割をもっており、筋肉を増強する作用や、バイタリテイ、性欲、毛深さなど男性の性的特徴や精子の生産に強く関わりのあるホルモンです。まさに男盛りの40代から男性ホルモンの低下は、男性としての身体的機能、精神面、性的側面にも影響を及ぼします。

その症状は様々で、「身体的機能」には、性欲の低下やED(勃起障害)、「精神・心理症状」は、抑うつ感や、不安、疲労感、記憶力や集中力の低下など。「身体症状」には、ほてり、のぼせ、などがあります。さらに加齢や喫煙、飲酒、ストレス、運動不足によって体がどんどん酸化し、体の機能が錆びついてきます。

男性の更年期障害は、それに気がつき,治療を行わない限り、長く不安で憂鬱な日々を過
ごす事もさることながら、周囲の人からは病気として理解してもらえず、孤独感や、絶望
感に苦しんだり、仕事の能率や成績が上がらないことに悩むことになります。
また,表面上の精神症状だけでうつ病や神経症などと診断され,向精神病薬や抗うつ剤な
どを多量に処方されていたなどと言うケースも少なくありません。

1.総合的に調子が思わしくない
2.関節や筋肉の痛み
3.ひどい発汗
4.睡眠の悩み
5.よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
6. いらいらする
7.神経質になった
8.不安感
9.からだの疲労や行動力の減退
10.筋力の低下
11.憂うつな気分
12.「絶頂期は過ぎた」と感じる
13.力尽きた、どん底にいると感じる
14.ひげの伸びが遅くなった
15.性的能力の衰え
16.早朝勃起(朝立ち)の回数の減少
17.性欲の低下

更年期セルフチェックシートにご記入頂きます。
LOH症候群と考えられる場合や、『うつ』『無気力』などの精神症状がある場合には、
医師の診察の上、各種検査で不調の原因を調べます。

血液検査では男性ホルモンの値(テストステロンなど)を始め、男性の更年期障害の治療を
行っていく上で必要のある項目の値を調べることが出来ます。
ホルモンバランスを評価し改善することで、症状を改善し、若さと健康を保つだけでなく、
病気を予防することができます 。
※検査する項目の数によって料金は変わります。検査項目につきましては、セルフチェック
の結果や医師の診察のうえ決定いたします。

生体細胞に影響を及ぼす重要な非結合の生物活性ホルモンレベルを直接調べることが出来ます。
血液や尿の検体ではこれを直接的に調べることは困難とされており、必要なタイミングに沿って
複数の検体を簡単に採取出来るため、一時的な状態でなく全体像を知ることが出来ます。
男性ホルモンパネルでは、DHEA・DHEAS、アンドロステンジオン、テストステロン、
プロゲステロン等、7つの項目を総合的に調べます。
各種ホルモン検査前に*【副腎ストレス指数パネル】を受けることでより総合的な情報を
得ることができます。
*【副腎ストレス指数パネル】は副腎疲労の状態を調べる検査です。
コルチゾール、DHEA・DHEAS等、6つの項目を総合的に調べます。唾液はストレス無く
サンプル採取が行えるため、コルチゾールレベルを正確に測定することが出来ます。

今まで解決できなかった不定愁訴や原因不明の疾患、慢性炎症、アレルギー症状など、重金
属が原因である場合には身体に有害な影響を及ぼす事があります。
ミネラルは人体の構造の維持や、神経や筋肉の動き、酵素の成分として代謝に関わるなど、
多様な働きをしています。検査結果に基づき、体内の有害ミネラルの蓄積度や必須ミネラル
の過不足によって考えられる症状についてリアルタイムで診断、効果的な治療のご提案を致
します。

免疫力とは主として感染(細菌・ウイルス・カビなど)そして癌から身体を守る能力です。
働きの異なるいろいろなリンパ球細胞が、オーケストラのように協調して、総合的な機能を
発揮し、私たちの身体を感染や癌から守っています。
その免疫力は、いろいろなストレス、不適切な生活習慣、偏った食事、そしていろいろな病
気になると低下します。
免疫力を測定することにより、健康診断では発見できない未病状態(病気になる前の状態)
を調べます。

近年、さまざまな健康障害にこの遅発型(潜在性)フードアレルギーの関与が指摘されていま
す。
好物だと思っていたものが、実は、健康を害する原因になっている可能性があるのです。
気付かずにその食べ物を食べ続けることによって慢性的な炎症となり、頭痛、めまい、う
つ、などの精神神経症状、肩こり、慢性疲労や、便秘・下痢などの腹部症状、肌荒れ、にき
び、アトピーなどの皮膚症状など、様々な症状となって現れます。
自分が何に対してアレルギーがあるのかを知っておく為にもこの検査はとても重要です。  

年齢を重ねるとともにどうしても避けては通れない、歯周病や口臭。
歯周病は日本人の約80%がかかっていると言われる疾患です。
初期段階では自覚症状がほとんどないため、気が付かないうちに進行している場合が多いのです。
歯周病は誤嚥性肺炎を引き起こしたり、心筋梗塞のリスクが増したり糖尿病と連鎖的に進行するなど、
全身疾患、特に生活習慣病と深い関係にあることが近年の研究でわかっています。
さらに最近の研究では、歯周病がED(勃起不全)と関係しているということも発表されました。
EDの男性群は27%が歯周病、EDではない男性群は9%が歯周病でEDかどうかという点で歯周病罹患率に
3倍もの差が出たということです。
口臭・歯周病・虫歯の根本原因は細菌感染。細菌顕微鏡検査、唾液検査、口臭測定などにより
歯周病菌の有無や口臭・虫歯のなりやすさを数値化し、根本原因である細菌感染のリスクを明確にします。

現在、米国アテナクリニックインターナショナル抗老化部門部長及び日本の複数の抗老化医療研究所、クリニックの顧問医を務める。

A4M米国抗老化医学会学術顧問
ESAAM欧州抗老化医学会学術顧問
(社)国際抗老化再生医療学会理事長・指導医
日本臨床医学発毛協会会長
日本性機能学会正会員
日本メンズヘルス医学会会員
日本性感染症学会会員
日本美容外科学会認定専門医
ホルモン療法最前線(仮題)執筆中 2014年8月発行予定

<経歴>

1984年  杏林大学医学部医学科卒業

1984年〜 慶應義塾大学医学部助手・医学部附属厚生女子学院(現慶応義塾看護短期大学)講師

2011年〜 紀尾井町プラザクリニック医師(2014年8月現在 勤続3年)

歯科医療、医療、美容、ヘルスケアカウンセリングなど幅広い分野を融合させ、より皆様のニーズに答えられるクリニックづくりを目指している。

歯学博士
鶴見大学歯学部国際口腔保健学講座教授
日本大学松戸歯学部歯科臨床検査医学講座研究員
紀尾井町プラザクリニック院長
医療法人社団研裕会理事長
一般社団法人国際抗老化再生医療学会(WAARM)理事
PRGF(R)-Endoret(R) BTI社公認インストラクター
千葉工業大学評議員
厚生労働省臨床研修指導医

<経歴>

1995年   岩手医科大学歯学部卒業

2006年1月「紀尾井町プラザ歯科」開業

2006年11月 美容形成外科・美容皮膚科を併設し
「紀尾井町プラザクリニック」をリニューアルオープン
 医療法人社団きらり理事長として就任

2017年10 月 医療法人社団研裕会へ名称変更

DHEAは性ホルモンの基本になるホルモンです。
粘液力を高めたり,記憶力を回復させたり,元気になる等の様々な効果があります。

男性ホルモンが極端に少ない場合、注射による男性ホルモン補充を行います。
2〜4週間ごとに筋肉注射します。

男性ホルモンが軽度少ない場合や、注射により一定基準まで回復した後の維持に外用の男性
ホルモン剤も使用します。決められた量を外用する事で適度な男性ホルモンレベルを維持
することが可能になります。

頻尿、精力減退、更年期障害、老人性皮膚掻痒(そうよう)症、前立腺肥大、尿失禁、
老人性痴呆、難聴、健忘症など。

神経の高ぶりをしずめて、心と体の状態をよくします。高血圧や動脈硬化にともなう
諸症状、神経症や不眠、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下など。

泌尿器、生殖器、腎などの機能低下に伴う諸症状など。

精力的な男性に必要不可欠な3つの条件

これらの条件を満たすサプリメント アミノ酸、ミネラル、ビタミン、亜鉛等、を処方し
男性ホルモンを生み出す力をサポートします。

ED治療薬

ホルモン療法や内服により症状が改善したら治療はそこで終わりではありません。
ホルモン療法や漢方薬の効果を高めたり、症状を整えるには生活習慣病を防ぐ食生活や生
活のリズムが基本となってきます。

毎朝三十分程度、散歩など戸外で太陽の光を浴びること、喫煙·暴飲暴食·過度の飲酒·精神的
なストレスなど溜め込まないなど、リラックスできる環境づくりや心構え、適度な運動など
を助言します。
また,根本原因が歯周病などによる可能性がある場合口腔内ケアも行います。

口腔内には700種類の細菌が存在していると言われ、生きるために必要な善玉菌と、
虫歯・歯周病など病気の原因となる悪玉菌にわけられます。
これらはまとめて口内細菌叢(口内フローラ)と呼ばれ、バランスが崩れると
歯周病や虫歯を引き起こします。

当院では、虫歯、歯周病、口臭の原因となる細菌を除菌し、悪玉菌を減らし
善玉菌を増やす独自の治療「MeDeS®(メデス)口内除菌プログラム」をご案内しております。

まずオーラルドックで虫歯・歯周病のリスクを総合的に検査分析し、
除菌水メデスを噴射しながらクリーニングします。
除菌後は、歯周病菌や口臭を示す数値、唾液中の虫歯菌の数などが目に見えて減少し
口内の善玉菌と悪玉菌のバランスが整っていきます。
MeDeS®(メデス)口内除菌治療によって、歯周病菌による全身疾患(ED、糖尿病、肥満、動脈硬化等)
のリスクを下げることは、男性更年期障害のリスクを下げることに繋がります。

受付にてお名前をお伝え下さい。
問診票(セルフチェック票)をお渡し致します。

問診票ご記入後、診察室にてカウンセリングを行い、結果をもとに
各検査の説明を行います。
内外複数の抗老化医療研究所、クリニックの顧問医を務める、
医科:松山淳が専門診療を行います。
歯科各種検査では、院長根深研一が担当致します。

問診票と検査結果に基づき専門医より治療について説明をさせて頂きます。
患者様に必要なホルモン注射の治療、内服薬、サプリメントの処方ならびに生
活習慣の指導を行い、心身ともにトータルな健康管理をサポート致します。

次回のご予約をご案内致します。

「もういい年齢だから」とあきらめていませんか?
EDは単に性機能の衰えにとどまらず、メタボリック
・シンドロームの要素である高血圧、高血糖、高脂
血症を発症する可能性があります。

ED(Erectile Dysfunction)は「勃起するのに
十分な血液が陰茎に流れ込まれない状態」と考える
ことができます。
勃起には「血管の拡張」が必要なのですが、これは
「血管がリラックスした状態」と考えることができ
ます。

ストレスや不安などの心理的な緊張状態が血管のリラックスを妨げがEDの原因と、また加齢や精神的な
ものも原因の一部と考えられますが、高血圧症とか高脂血症、糖尿病など、生活習慣に関係する病気が
原因となる場合もあります。カウンセリングにて原因や症状にあわせた治療を行います。

いずれも勃起の際の陰茎の血管拡張を助ける薬です。

性行為の1〜3時間前に内服
性行為の30分くらい前に服用すると陰茎が勃起し、2〜3時間ほど性行為が行える状態になります。
しかし、食事後の服用は効果が表れづらいことがあるため、食後は1時間以上あけてから服用します。

性行為の1〜3時間前に内服
レビトラ服用後は約15分後に勃起を得られ、4〜5時間作用。速効性が高く、短時間作用型。

性行為の1〜1日半前に内服
長時間作用型としておよそ36時間の効果。食事による影響はなし。金曜日の夜の飲めば、
週末に活躍できることから「ウイークエンダーピル」とも呼ばれています。

性交時間の持続、延長が期待できます。
シアリスを併用することで性交1回あたりの持続時間と硬さの維持が向上し、
結果的に男女とも満足感が単独使用より高くなります。
また、一晩の性交可能回数の増加も 期待できます。

頻尿、精力減退、更年期障害、老人性皮膚掻痒(そうよう)症、前立腺肥大、尿失禁、老人
性痴呆、難聴、健忘症など。

神経の高ぶりをしずめて、心と体の状態をよくします。高血圧や動脈硬化にと
もなう諸症状、神経症や不眠、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下など。

泌尿器、生殖器、腎などの機能低下に伴う諸症状など。

副腎で生成されるホルモンで、若さの維持、心身の活力アップに必要なホルモンです。25歳
の時に最も多く作られますが、その後老化と共に着実に衰えていく、老化と関連があるホル
モンです。開始1〜2週間は1日25mg1個です。3週以降は症状により1日1〜2個内服。
効果:気分がよくなり、エネルギーや性欲を増進させ、ストレスホルモンに対抗する力が
増え、たるんだ筋肉を引き締め,免疫系を強め、ガンや心臓病を予防にも役立つ可能性が指
摘されています。

男性ホルモンが極端に少ない場合、注射による男性ホルモン補充を行います。2〜4週
間ごとに筋肉注射します。数の増加も期待できます。

男性ホルモンが軽度少ない場合や、注射により一定基準まで回復した後の維持に外用の男
性ホルモン剤も使用します。決められた量を外用する事で適度な男性ホルモンレベルを
維持することが可能になります。

加齢にともなう男性ホルモンの減少を経皮吸収で補います。
使用方法:陰嚢に塗ります。塗布後1〜2時間後にピークを迎え、4〜8時間後に通常時
にもどります。

A. 国内正規品は医師の処方以外では手に入りません。海外製のものを個人輸入するケースも見られます
が、ある統計では輸入ED薬のおよそ半分以上は偽物や偽造品であったちう報告もあります。健康被害の
心配もあるので必ず医師の診察を受け,貴方の体にあったより安全な国内正規品の処方を受けてください。

A. もっとも多い副作用は顔面のほてり,頭痛,胃腸障害などです。多くの副作用は内服を中断すれば
もとにもどるようなもので医師の診断を受けて処方されていれば安全に使うことができます。

A. まず狭心症のニトログリセリンや一部のうつ病の薬など幾つかの薬を飲んでいる人は用いる事はで
きません。詳しくは医師の診察を受けてください。年齢制限はありませんが,心因性インポテンスの場合は
いわゆるED薬以外のお薬が必要な事もあります。

A. シアリスなどは内服後1時間から36時間効果があるとされていますので,予め内服しておけばデート
中コソコソ内服する必要はありません。

A. 一部のお薬では治療効果,すなわち、一定期間内服後は内服をしていない時でも通常の性交ができる
ようになる事も報告されているので、症状により医師と相談して用いれば常に飲み続ける必要はないで
しょう。禁煙、一部のED薬で脳卒中や心筋梗塞の予防効果や前立腺肥大症の治療効果も確認され、ED
薬を定期的にのんでいると血管の内側から若返る効果も見出されていますので、40歳以上の男性の
治療薬としてとても注目されているくらい安全で効果的なお薬です。

現在、米国アテナクリニックインターナショナル抗老化部門部長及び日本の複数の抗老化医療研究所、クリニックの顧問医を務める。
紀尾井町プラザクリニックにて、男性更年期外来や性機能外来を担当。抗老化再生医療指導医・美容外科認定医・認定温泉療法医・旅行医学会認定医他。

A4M米国抗老化医学会学術顧問
ESAAM欧州抗老化医学会学術顧問
(社)国際抗老化再生医療学会理事長・指導医
日本臨床医学発毛協会会長
日本性機能学会正会員
日本メンズヘルス医学会会員
日本性感染症学会会員
日本美容外科学会認定専門医
ホルモン療法最前線(仮題)執筆中 2014年8月発行予定

<経歴>

1984年  杏林大学医学部医学科卒業

1984年〜 慶應義塾大学医学部助手・医学部附属厚生女子学院(現慶応義塾看護短期大学)講師

2011年〜 紀尾井町プラザクリニック医師(2014年8月現在 勤続3年)

2000年以降毎年ヨーロッパに渡り、世界最前線のインプラント治療と骨再生治療を学ぶ。
2005年にはニューヨークに滞在し、ニューヨーク大学インプラント科にてアメリカの歯科治療や最新のインプラント治療を学び、2006年1月に東京都千代田区に「紀尾井町プラザ歯科」を開業。
2006年1月には医科・歯科連携クリニックのパイオニアとして「紀尾井町プラザクリニック」をリニューアルオープン。
歯科医療、医療、美容、ヘルスケアカウンセリングなど幅広い分野を融合させ、より皆様のニーズに答えられるクリニックづくりを目指している。

歯学博士
鶴見大学歯学部国際口腔保健学講座教授
日本大学松戸歯学部歯科臨床検査医学講座研究員
紀尾井町プラザクリニック院長
医療法人社団研裕会理事長
一般社団法人国際抗老化再生医療学会(WAARM)理事
PRGF(R)-Endoret(R) BTI社公認インストラクター
千葉工業大学評議員
厚生労働省臨床研修指導医

<経歴>

1995年   岩手医科大学歯学部卒業

2006年1月「紀尾井町プラザ歯科」開業

2006年11月 美容形成外科・美容皮膚科を併設し
「紀尾井町プラザクリニック」をリニューアルオープン
 医療法人社団きらり理事長として就任

2017年10 月 医療法人社団研裕会へ名称変更

〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル2F
TEL:03-3237-6702 FAX:03-3237-5893

診療時間:11:00〜20:00 (曜日によって診療時間が変わります)
休診日 水曜/祝日

地下鉄有楽町線:麹町駅(2番出口)から徒歩2分
地下鉄半蔵門線 永田町駅から徒歩6分
地下鉄丸の内線・赤坂見附駅から徒歩8分

お車でお越しの方
当ビル(紀尾井町ビル)地下2階に駐車場「タイムズ」がございます。
地下駐車場からエレベーターでクリニックまで直通となっております
ので人目を気にすることなくお越し頂けます。

カウンセリング予約フォーム
ご本人様だけでなく、ご家族様からのご相談も受け付けております。 1.入力画面
お名前(必須) 例:   紀尾井町  花子
フリガナ(必須) 例:   キオイチョウ  ハナコ
Eメールアドレス(必須) 例:   info@sample.com
お電話番号(必須) 例:   090-0000-0000
年齢
お電話受取可能時間
時頃
カウンセリング希望日(必須)
第一希望 時頃
第二希望 時頃
第三希望 時頃
その他、ご要望やご質問(自由記入欄)